ウーマン

良質な芝生を低価格で買うことができる通販サイトを利用しよう

育てやすい花

ゼラニウム

乾燥気味に育てる

ゼラニウムは、初心者にも育てやすい花で育て方のポイントを押さえておけば、年間を通して花を楽しめます。また、ゼラニウムの育て方で大切なのは乾燥気味にすることなので、水やりは土の表面が乾いてからたっぷり与えましょう。また冬は寒さによって成長が止まるため、ほとんど水やりを行う必要がありません。ゼラニウムは日当たりを好むため、日陰よりも日光が当たる場所で育てることが大切です。ただし夏は暑さによって弱る場合があるため、直射日光が当たる場所は避けて、半日陰に置いて育てるようにしましょう。また、ゼラニウムは風通しの悪い場所に置くと病気にかかりやすくなるため、湿度の低い風通しの良い場所で育てます。そして、冬の育て方としては暖地では外で越冬できますが、寒い地域では室内に保管しないと枯れてしまいます。暖かい地域でも冬に霜が降りる場合には、室内に取り込んだ方が安心で枯れる心配がありません。ゼラニウムを室内に取り込んだ場合には、窓際の日当たりの良い場所で育てることがポイントです。肥料は多くは必要ありませんが、年間を通して花を咲かせるため液体肥料を定期的に与えます。夏は暑さによって弱るため肥料を与えるのは避けて、できる限り涼しい場所で保管します。ゼラニウムは水はけの良い土を好むため、庭植えよりも鉢植えで管理した方が楽で、綺麗な花を咲かせます。植え替えの時期は春で一年に一回、伸び過ぎた根を切って、古くなった土を新しい土に入れ替えて植えつけます。